レーシックならSBC新宿近視クリニック 検査予約 口コミTOP > レーシックについて > レーシックの安全性

レーシックの安全性について

 


医師も認めた安全・安心のレーシック治療







レーシックの安全性

高い精度が求められるレ−シックの手術ですが、外科手術のなかでは最も安全性が高い手術といわれています。
近年は世界中に普及し、充分に安全性が確立された手術とされ、フラップ作成にイントラレースレーザーを使用するため、さらに安全性が向上しています。


日米で安全性は証明済み

アメリカでは、毎年100万件を越える屈折矯正手術が実施されています。
1995年に最もチェックが厳しいとされるFDA(米国食品医薬品局、日本の厚生労働省に相当)がエキシマレーザー治療による矯正手術を認可したことで急速に発展してきました。
日本においても、2000年1月に厚生省(現:厚生労働省)がエキシマレーザーによる矯正手術を認可したことで、その安全性が確認されました。
以後、レ−シックを積極的に取り入れるクリニックが急増し、今後は年間100万人以上が手術を受けると予測されています。


失明のリスクと後遺症・合併症

レーシック手術によって視力が回復しないという事例はあるかもしれませんが、失明したという事例は過去に一度もないと報告されています。
もともとレーシックは網膜を扱うのではなく角膜の一部を削る手術のため、レーシックで失明するというリスクは極めて少ないといえます。
また、ごく稀に起きる後遺症や合併症についても、早期に正しく対処すれば心配ありません。
レーシックの後遺症・合併症には、ハロー・グレア現象やドライアイなどがあります。


【ハロー現象・グレア現象】
ハロー・グレア現象は、光の受け方によって「ハロー現象」「グレア現象」という二つの現象に分けられます。
[ハロ現象] 明るい光の周りがぼやけ、もやがかって見える症状。
[グレア現象] 明るい光がまぶしいと感じる症状。
通常は時間の経過とともに改善し、約半年〜1年で消失します。

【ドライアイ】
術後2〜3ヶ月は目が乾燥しやすい状態になります。
これは一過性のドライアイで、角膜の感度が手術によって一時的に鈍ることでまばたきの回数が減ることで出てくる症状です。
この間はドライアイ用の目薬を使用します。
症状が強い場合は涙点プラグを挿入することで症状を緩和させます。












 

レーシックについて記事一覧

レーシックとは

医師も認めた安全・安心のレーシック治療レーシックとはレーシック(LASIK)は、Laser Assisted in-Situ Keratom...

レーシックの効果

医師も認めた安全・安心のレーシック治療レーシックの効果個人差はありますが、多くの場合レ−シックによりメガネやコンタクトレンズで矯正していた以...

レーシックの安全性

医師も認めた安全・安心のレーシック治療レーシックの安全性高い精度が求められるレ−シックの手術ですが、外科手術のなかでは最も安全性が高い手術と...

レーシックによる痛みと失明の不安

医師も認めた安全・安心のレーシック治療レーシックによる痛みと失明の不安レーシックというと目にメスを入れたり、レーザーを当てるというイメージが...

レーシックで乱視も治せる?

医師も認めた安全・安心のレーシック治療レーシックで乱視も治せる?一般的にレーシックは近視の人のための矯正手術として理解されていますが、近視し...

レーシックと老眼の関係

医師も認めた安全・安心のレーシック治療レーシックと老眼の関係老眼は、主に加齢と共に水晶体の機能が衰え、屈折力の調節がうまくいかないために近く...

レーシックと医療保険

医師も認めた安全・安心のレーシック治療レーシックと医療保険レーシックは自由診療であるため、国民健康保険や社会保険などの適用外となります。...


 
Ads by Sitemix